心苦しさを和らげる

遺品整理をすることで心の整理もできます

遺品整理士

身内が亡くなった後に残された人たちにはやることが残っています。それは故人の遺品整理です。もう住む人がいなくなった家や部屋に残されたものなどいつまでもそのままにしておくことはできないのでいずれ処分をすることになります。家族のものを処分するということはとても心が苦しいものなので遺品整理の業者の手を借りるわけです。名古屋の親戚が亡くなったときに家族で遺品整理の話がでました。名古屋でお葬式をした後にみんなで遺品整理に立ち会いましたが必要なものと不必要なものとに手際よく仕分けをしてくれました。家族であればなかなか手放すことができないものばかりなのですが思い切って処分をする手助けをしてくれます。遺品整理についてかなり考えさせられました。1人暮らしをしていてその方が亡くなった後に住む人がいなくなってしまった自宅を処分するという話になったそうです。名古屋の親戚のことですが自宅の遺品整理をしたときに立ち会ったのですがそれまで生活していたという証が多すぎてとても悲しくなりました。しかし亡くなった後にそのままにされるのではなくて誰かの手で遺品整理してもらえるということは悲しいことではないのかなと思いました。名古屋での遺品整理で色々なことを考えました。遺品整理の業者があるということで大きな物の処分などが容易になります。すべて業者に任せる場合もありますし手伝いをしながら一緒に行なうという場合もあります。名古屋での経験でこれからのことを考えさせられました。

業者選びは慎重に行う必要があります

ダンボール

これから遺品整理業者を利用してみようと考えているのであれば、業者選びを慎重に行うようにすることをおすすめします。一昔前に比べると、質の高いサービスを提供する業者が増えたのは事実ですが、稀に不用品回収業者と大差ないサービスしか提供してくれない業者も存在しています。なぜそのようになっているのかというと、遺品整理業を開業するにあたり、特別な資格の取得や許認可が一切求められていないためです。極端なことを言うと、誰でも看板を上げた瞬間から遺品整理業者になることができます。そのため、リストラ後に再就職先を見つけることができない人が、手っ取り早く始められる職業として、遺品整理業を始めるケースがよくあります。そのような業者を利用しても不満が残るばかりですので、業者選びには注意する必要があります。どうせお金を支払って利用するのであれば、少しでも良い業者を利用したいと考えるのが当然です。でも、どのような点に注意すれば、良い業者かどうかを見極めることができるのかわからないという人が少なくありません。信頼に足る良い業者かどうかを見極めるための一応の目安にすることができるのは、遺品整理士資格の取得の有無です。この資格は業界団体が独自に作った民間資格でしかありませんが、この資格を持っている業者であれば、遺品を粗雑に取り扱うようなことはありません。資格取得に際して、遺品という品物が持つ特殊性をしっかりと勉強しているはずですので、故人に対する畏敬の念を持って遺品整理をしてくれます。また、遵守すべき関連法令の知識も身につけていますので、安心して頼むことができます。

利用のメリットとポイント

ダンボール

遺品整理業者を利用すれば、作業をスムーズに終えることができます。遺族が遺品を整理しようとすると、思い出の品に感情移入してしまい、片付けに時間がかかってしまいがちです。その点、プロの業者であれば必要な品物とそうでない物を素早く仕分けて整理してくれるので、遺品整理に時間がかからず作業時間を大幅に短縮することができます。特に故人が賃貸住宅に住んでいた場合、速やかに退去する必要がありますが、遺品整理業者を利用すれば素早く片付けを終えることができるので、退去日までに間に合わせることができます。同じ福井県内であっても、故人の家が遠方だと遺品整理をするのが難しくなります。こういった場合もプロの業者が役に立ちます。遺品整理の作業に必ず立ち会う必要はないので、仕事で忙しかったり遠方まで行くことができない場合は、業者に全ての作業をお任せすることができます。遺品整理はまだ歴史の浅いサービスなので、業者ごとにサービス内容や料金が異なります。福井県で遺品整理業者を利用するときは、どのくらい費用が発生するのか複数の業者を比較して決めましょう。料金を比較すれば、福井の業者の相場がつかめるようになります。料金を比較するときは、追加料金などを含めたトータル料金で比較するようにしましょう。福井には出張料金や追加料金を請求する業者もあるので、最初によく確認する必要があります。トラブルに巻き込まれないためにも、業者選びは慎重に行うようにしてください。